住居とテナントの違い|壁紙張り替えやフローリング敷設をしてくれる現状回復業者

壁紙張り替えやフローリング敷設をしてくれる現状回復業者

作業者

住居とテナントの違い

空室

住居において現状復帰をしなければいけなくなる箇所というものは、国でもガイドラインが示されています。基本的には、普段掃除をしていれば除去できたはずの汚れに関しては、現状復帰工事をしなければいけません。例えば、お風呂やトイレに水垢やカビが生えていれば、次に借りる人のためにトイレやお風呂ごと替えることもありますし、特殊な清掃で済むこともあります。大抵の汚れなら清掃で済むので、それほどの費用は必要ありません。これは、窓などに生じる汚れにもいえます。特に、窓ガラスは結露が生じたときにそのままにしているとカビが生えてしまうので、この掃除が必要になるのです。壁紙は耐用年数が6年程度なので、6年以上住んだ場合は現状復帰工事をする必要はないのですが、フローリングを傷つけた場合は長い間住んでいたとしても工事しなければいけなくなる場合が多いです。

住居の場合は、家賃によって改修費用が賄われていると判断されますが、事業用だとすればこれは適用されません。事業では使い勝手が良いように自分たちで改装をする必要があります。部屋もそれがしやすいように作られているのです。法律でも、「もし改装に邪魔なものがあればそれを自由に除去して良い」となっています。そういった事情があるため、現状復帰は完全自己負担になることが多いのです。できるだけ借りたときの状態に戻すようにしましょう。スケルトンの状態だったのであれば、スケルトン工事を頼む必要があります。現状復帰工事でスケルトン工事ができる業者は限られてきますので、作業内容を確認して依頼しましょう。