時間の余裕をもつ|壁紙張り替えやフローリング敷設をしてくれる現状回復業者

壁紙張り替えやフローリング敷設をしてくれる現状回復業者

作業者

時間の余裕をもつ

工具類

お店を退去する際に、原状回復を予定しているのであれば、契約上の返却日から逆算しておくことが大切です。返却日までには原状回復工事は完全に終わらせている必要がありますので、余裕を持つべきなのです。突貫工事をしてしまうと余計なところまで傷つけてしまう恐れもあります。そうなると余計な原状回復費用がかかってきてしまうので、オーナーに迷惑をかけないためにも、営業をスムーズに進めるためにも丁寧な計画が必要になるのです。突貫工事だと作業日数は少ないですが、作業員は多くなります。そうなると人件費も自然と高くなるので、費用を抑えたいと考えているならより余裕をもった方が良いです。工事を始めてみると思ったよりもコンクリートが厚く敷設されているため、時間がかかってしまうことも予想されます。予想外のことが起こったとしても期日に余裕があれば、満足できる工事ができます。

作業をする前に、必ずオーナーと相談しましょう。入居時にスケルトンの状態だったからといって、そのままに戻せば良いというわけではありません。前の入居時の状態を引き継いでいる場合もありますので、オーナーの説明もしっかりと聞いて、記録にとっておきましょう。場合によっては取り壊さずに済む部分もありますし、入居時についていたものでも取り外してもらいたいというケースもあるからです。飲食店ではこういった大掛かりな工事が行なわれるのが予想されますが、小さな事務所だとほとんど工事をしなくても良い可能性があります。それでも、OA機器などを移動したり、パテーションを運んだりする必要もあるので、原状回復における時間の余裕はとても大事です。