壁紙張り替えやフローリング敷設をしてくれる現状回復業者

作業員

作業内容

工具

貸し出されている部屋を利用しているなら、なるべく綺麗に使う必要があります。大家は部屋をできるだけ長らく多くの人に使ってもらいたいと考えていますが、その部屋が魅力的でなかったとしたら普通は借りたいとは思いません。その部屋を借りていて、退去するとなったのであれば、そのときまでは綺麗にしておきましょう。普段から掃除をしておくのも大切なことです。しかし、壁紙というものは大抵汚れてしまうものです。喫煙者ならタバコのヤニがだんだん付着してきますし、電気や日光によっても焼けてきてしまいます。タバコのヤニが付着しているなら、退去時にはクロス張替えの現状回復を要求されることがありますので、資金の準備をしておきましょう。

現状回復の際、クロスの張替えには通常どれほどの費用がかかってくるのか、相場を知っておいた方が良いです。退去の際の立会で指定業者が見積もりをとる場合がありますが、それよりも安い料金で行なってくれる業者があれば、自分でその業者に指定をしても良いのです。例えばクロス張替えなら一平方メートルあたり1000円程度で行なうことができます。カーペットなら一平方メートル3000円程度なので、覚えておきましょう。他にも、住居において現状回復する可能性がある項目としては、フローリングや畳、襖などがあります。木材のフローリングを傷つけてしまうと、現状回復に一平方メートルあたり9000円以上はかかってくるので、なるべく現状回復の費用を安くするためには普段から気をつけて住む必要があります。

どんな業者に頼む

空き部屋

原状復帰の業者ごとにサービス内容は変わってきますので、自分の要望に合った業者なのかどうか、ポイントを絞って比較することが大事です。例えば、深夜対応してくれるところもあれば、オーナーとの立会を手伝ってくれる場合もあります。

もっと読む

住居とテナントの違い

空室

住居用とテナントビルでは、現状復帰で求められるレベルも違ってきます。住居では壁紙の張替えまで求められることはありませんが、テナントだと全額自己負担になる場合もあります。

もっと読む

時間の余裕をもつ

工具類

営業を退去の期日ギリギリまで行なうのは理想的ではありません。原状回復の工事は、予想外の事態が起こる可能性もありますので、時間の余裕をもって行なわなければならないのです。

もっと読む